注文住宅でおすすめの設備9選【お得に手に入れる方法もあわせて解説!】

おすすめのイメージ画像

おすすめのイメージ画像

  • せっかくの注文住宅だから、ストレスなく快適な生活を送りたい
  • 費用対効果の高い住宅設備が知りたい
  • 家事が時短になる住宅設備があるなら検討したい

 

注文住宅に住み始めると「あの設備を付けておけば良かった」や「こっちの設備仕様を選べば良かった」と後悔するものが一つや二つあったりします。

中には後から追加できる設備もありますが、新築時の工事より高額になりますし、多少不便でも無くても特別困るわけではないと諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし一生に一度の新築、初めからおすすめの設備を知っていれば後悔せず、ストレスのない生活ができていたかも知れません。

この記事では、注文住宅でおすすめの設備9選を詳しく解説しています

コメントする人の画像
読んで頂くと、快適な生活を送るための選択肢を増やすことができます。

Contents

  1. 1. 注文住宅でおすすめの設備9選
    1. 1-1. 宅配ボックス
    2. 1-2. 玄関ドアに電気錠システム
    3. 1-3. 人感センサー付き照明
    4. 1-4. 玄関に手洗い場
    5. 1-5. 衣類乾燥機(乾太くん)
    6. 1-6. 深型の食器洗い乾燥機
    7. 1-7. タッチレス水栓
    8. 1-8. タンクレストイレ
    9. 1-9. 洗濯物干し用フックor昇降式ユニット
  2. 2. 設備をお得に手に入れる方法
  3. 3. 迷ったら実際に体感してみる
  4. 4. まとめ

 

1. 注文住宅でおすすめの設備9選

1-1. 宅配ボックス

隙間時間で気軽に買い物ができるネット通販は、生活になくてはならないものになっているのではないでしょうか?

共働きの世帯も多く忙しい現代人にとって、不在時でも受け取りができる「宅配ボックス」は、必須のアイテムです。

1-2. 玄関ドアに電気錠システム

両手に買い物袋を持った状態で玄関ドアの鍵を開けたり、バッグの中から鍵を探すのがわずらわしいと感じたことは誰しもあるはずです。

些細なことではありますが毎日の作業、もし簡単に鍵の施錠ができれば少し楽になると思いませんか?

そう思った方は、電気錠システムがおすすめです。電気錠にも数種類タイプがありますが、タッチキーや指紋認証であれば指を触れるだけで簡単に鍵の施錠ができます

コメントする人の画像
鍵穴がないため鍵の複製やピッキング対策、オートロック機能も備えているため、防犯面でも安心です。

1-3. 人感センサー付き照明

人感センサー付き照明もおすすめのアイテムです。

玄関周りは段差も多く、玄関土間は靴などが乱雑になっていることもあるため、夜間帰宅時に足元を照らしてくれると安心できます

また防犯対策にもなる点もメリットの一つでしょう。

1-4. 玄関に手洗い場

玄関に手洗い場を設けるメリットは3つあります。

  • 帰宅したらすぐに手洗い・うがいの習慣がつくので感染症予防になる
  • 朝は洗面所が混雑するので、身だしなみを整える場として利用できる
  • 来客があっても洗面所を見られる心配がない

 

設計上の注意点は、生活感が出やすいので玄関から見えない位置に配置することです。壁などで死角を作ったり、ウォークスルーシューズクロークの一角に配置すると良いでしょう。

1-5. 衣類乾燥機(乾太くん)

洗濯物を干すのが面倒くさいと思っている方は多いと思います。そんな方には衣類乾燥機がおすすめです。

浴室乾燥機や全自動洗濯乾燥機もありますが、乾燥時間の速さや仕上がりのふんわり感は明らかに異なります

デメリットは設置コストとランニングコスが高いことです。

リンナイの「乾太くん」は一般ユーザーからの評価も高いため、家事を時短したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

【公式】リンナイの乾太くん – ガス衣類乾燥機【乾太くん】- リンナイ

メリット デメリット
乾くのが早い(5kgで約52分)※電気ヒートポンプ式全自動洗濯乾燥機の約3分の1の時間 オール電化に対応していない
仕上がりがふんわり 設置コストが高い(約30万円)
洗濯・乾燥が別個なので次の洗濯がすぐできる ランニングコストが比較的高い(5kg1回で63円)
シーツや毛布にも対応 依頼によっては制限がある(縮みなどの原因に)
干す手間が不要 濡れた洗濯物を乾燥機に入れ替える必要あり

 

  • 多少お金がかっかっても時間を優先したい方
  • 家族が多く複数回に分けて洗濯・乾燥が必要な方
  • 他の乾燥機の仕上がりに満足いっていない方

1-6. 深型の食器洗い乾燥機

家事の時短の代表格と言えば、食器洗い乾燥機を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし国内メーカーが主流の浅型食洗機は、容量も小さくそれほど多く食器類が入りません。また大きな皿やフライパンなども入らないため、結局は手洗いが必要となります。

そこでおすすめなのは「ミーレ」や「ボッシュ」などの海外製のフロントオープン食器洗い乾燥機です。深型なので容量が大きく、また洗浄力も高いので強力な汚れもキレイにしてくれます

1-7. タッチレス水栓

手をかざすだけで水を出したり、止めたりできるタッチレス水栓もおすすめです。

標準仕様のレバーハンドル水栓の場合、水を出す際は料理をして油や食材で汚れた手で直接レバーに触れなくてなりません。

レバーに付着した油汚れや手垢、水垢などを毎日掃除するのも大変です。

その点タッチレス水栓であれば、触れなくて良いので水栓まわりをキレイに保つことができます。

また節水効果が高いことも、メリットと言えるでしょう。

ただし一般的なタイプだと、水圧や温度の調節は、タッチレスではできないので要注意です。

せっかくタッチレス水栓にしても、水圧や温度を変えたい時に結局レバーを触らないと操作できないと、使い勝手が良いとは言えません。

おすすめは水圧や温度もタッチレスで調節できるタイプです。

コメントする人の画像
オプション仕様なので価格は高くなりますが、毎日のことなので是非検討してみてはいかがでしょうか。

1-8. タンクレストイレ

名前の通り、水を貯めるタンクが無いのがタンクレストイレです。おすすめの理由はデザイン性の高さ節水効果の高さが挙げられます。

特に節水効果は、タンク有りと比較すると約3分の1の水量で済むため、年間の水道代を15,000円程カットできます。

その他のメリットやデメリットを下記でまとめてみましたのでご覧ください。

メリット デメリット
節水効果がある(1回に流す量が約3.3リットル)※タンクありは約13リットル 停電時に水が流せない(緊急時の対処法あり)
省スペース 手洗い器がついていないので別途必要
スタイリッシュなデザイン ウォシュレット部分のみの交換が不可
掃除がしやすい設計 タンクありと比べ割高

 

コメントする人の画像
多くの方は2階にもトイレを設けると思いますが、2階は停電時に備えて水を流せるタンク有りが良いでしょう。

1-9. 洗濯干し用フックor昇降式ユニット

物干し専用部屋があるのが理想だけど…しかし予算や敷地の広さの関係上なかなか現実的ではありません。

その場合に重宝するのが天井から吊るせる洗濯干し用フックや昇降式ユニットです。メリットは使わない時はしまえる点にあります。特に洗濯干し用フックであれば場所を問わないので、2階の階段ホールや和室などにも設けることが可能です。

また価格も安いので複数設置しても良いでしょう。

ただし、後付けにすると位置が制限されてしまう場合があるので、設計の段階で打ち合わせして決めると良いです。

2. 設備をお得に手に入れる方法

いつ?のイメージ画像

基本的に住宅設備の打ち合わせは契約後、間取りの大枠が決まってから行われます。

理由は細かい打ち合わせ内容になるので、契約するかわからない段階で住宅メーカー側がそこまでの時間や経費をかけることが難しいからです。

そのため多くの営業マンは「契約してからじっくり打ち合わせしましょう」と言ってくるはずです。

しかし契約してからの住宅設備の追加は、プラスの料金が発生します

もちろん早い段階で要望を伝えたとしてもかかるお金はかかります。しかし契約前であれば値引きやサービス工事の交渉ができるのでお得になる可能性があるのです。

 

コメントする人の画像
仕様の細かい打ち合わせは契約後でも良いですが、希望の住宅設備については契約前に伝えて見積もりに含めておくことをおすすめします。

3. 迷ったら実際に体感してみる

考えるイメージ画像

ここまで読んで頂き、「おすすめなのは分かったけど実際のところ使ってみないとわからない」と感じている方も中にはいると思います。

そこで少しでも迷っている方は、住宅設備会社のショールームで実際に体感してみると良いでしょう。事前に予約してから行くと、担当者がより詳しく案内をしてくれます。

また少しハードルは上がりますが、ハウスメーカーが開催する「モデルハウス宿泊イベント」などでじっくりと体験するのもありです。

4. まとめ

以上、注文住宅でおすすめの住宅設備9選について解説させて頂きました。

解説した住宅設備は正直言うと、無くても特別困ることはないかもしれません。しかしあると生活を確実に便利にしてくれるものばかりです。一部高いものもあるので、迷ったら住宅設備会社のショールームで実際に体感してみると良いでしょう。

また住宅設備を検討している方は、あわせて下記の記事をご覧頂くことをおすすめします。

 

この記事を読んで頂き少しでも参考になったなら嬉しく思います。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

関連記事

  1. 吹き抜けのイメージ画像

    全館空調のメリット・デメリットを解説【導入の際に注意するポイントとは?】

  2. 吹き抜けのイメージ画像

    吹き抜けは寒い!【それでも導入する3つのメリットと対策方法とは?】

  3. 間取り打ち合わせのイメージ画像

    注文住宅とは?建売住宅と比較しながら徹底解説【マイホームにこだわりた方必見!】

  4. 新築計画のイメージ画像

    新築で「やっておけば良かった」と思うこと6選【失敗例から家づくりのコツを知る】

  5. ステップのイメージ画像

    間取りの考え方で重要な3つのステップ【まずは駐車場の位置から計画すること!】

  6. 費用のイメージ画像

    注文住宅の費用って何がかかるの?【知らないと予算オーバーする可能性大】

  1. ウォークインパントリーの画像

    使いやすいパントリーの間取り3選【実例と失敗しないためのポイント…

    2022.11.30

  2. パントリーの画像

    【実例付】玄関入ってすぐキッチンのレイアウトを解説|リビング導…

    2022.11.21

  3. ステップのイメージ画像

    間取りの考え方で重要な3つのステップ【まずは駐車場の位置から計画…

    2022.11.15

  4. ウォークインシューズクロークの画像

    おすすめのシューズクロークの間取りアイデア5選【機能的な動線にし…

    2022.11.08

  5. シューズクロークの画像

    シューズクロークのメリットとデメリットとは?【計画の際は収納量…

    2022.10.31

  1. コストダウンの画像

    注文住宅で予算オーバーした時のコストダウン法12選【100万円以上可…

    2021.10.26

  2. 旗竿地のイメージ画像

    旗竿地のメリット・デメリットは?【検討する際は3つのポイントに注…

    2022.03.23

  3. 重要事項説明書の画像

    重要事項説明書の25項目をわかりやすく解説!【トラブルになりやす…

    2022.02.14

  4. 新築計画のイメージ画像

    新築で「やっておけば良かった」と思うこと6選【失敗例から家づくり…

    2022.04.20

  5. 相場のイメージ画像

    住宅メーカーに坪単価の質問は数百万円の損!【元住宅営業マンが理…

    2021.06.07

カテゴリー

ブログランキング参加中!